左打ち最強論

一番バッターを目指すなら左打ち
左バッター

私は、ピッチャーをしていた時の経験から振り返ってみると、相手チームの1番バッターが左バッター(小柄だとなおさらイヤでした・・・)だとなんかイヤな気持ちになりました。これは完全に私の主観ですので、考え方は人それぞれだと思います。

では、1番バッターの役割とは何でしょう?

おそらく、ほとんど全員が「出塁すること」だと答えると思います。1,2番が出塁して、クリーンアップ(3,4,5番)で返すというのが、得点パターンのセオリーですから、もちろん正解です。

出塁するという点に関して、左バッターが最も有利な点は、1塁ベースに近いという事です。これだけで、1塁ベースに到達する歩数は約2歩は違うはずです。

あの世界のイチロー選手は、内野安打が非常に多いことで有名です。彼の場合は、左バッターという利点だけでなく、打ってから走り出すまでの時間も早いのが特徴です。(打ちながら走っているという説もあります)

もし、イチロー選手が右バッターだったらどうでしょう?

間違いなく内野安打の数は減少します。そうなると、あの最多安打記録の達成も微妙だったのではないでしょうか?

本来、1番バッターは出塁するのが役目ですから、足の速い選手が選ばれます。仮に、同じような能力の選手が2名いて、それぞれ右バッターと左バッターだった場合、あなたが監督ならどちらを起用するでしょうか?

全員が左バッターを選ぶかどうかは分かりませんが、野球経験のある大半の人は左バッターを選ぶと思います。それぐらい、左バッターは貴重だということです。

『一番バッターを目指すなら左打ち』、ぜひ、覚えておいて下さいね。

スポンサードリンク

野球素人のお父さん
でも出来る革命的
バッティング指導法
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ