コラム

藤川投手(阪神タイガース)のストレート
藤川球児投手(阪神タイガース)

阪神タイガース藤川球児投手と言えば、今やタイガースのみならず球界を代表するセットアッパーです(現在、久保田投手の故障でストッパーもこなしています)。テレビを見ていても、全く打たれる気がしません。

確かにストレートは150キロを越えているし、フォークボールも切れがあります。ですが、プロ野球の一流バッターがそこまで打てないのはなぜ?、と疑問に思った事はありませんか?

「球にキレがある」とか、「球がホップしている」などという表現が使われる事がありますが、実際には何が起っているんでしょうか?

このような表現が使われるピッチャーは、球を投げた時の初速とホームベース上を通過した時の終速の差が小さいと言われています。もちろん、藤川投手もそのタイプです。

実際にバッターボックスに立った事がないので、想像になってしまいますが、おそらくバッターには160キロを越えるストレートに感じているのではないかと思います。

それにしても、ここまで急激に変身したピッチャーも珍しいと思います。昔は、本当に自信がなさそうに投げていました。それが、今では「打てるものなら打ってみろ!」というオーラが感じられます。

あの清原選手との対戦(※)が物議をかもし出しましたが、今となっては一つの転機になったのだと思います。

※二死満塁ツースリーから、フォークボールで空振り三振にとったが、清原選手から「なんであの場面でフォークボールやねん。キ○○マついとんのか!」とこき下ろされた。

今の藤川投手には何も言う事はありません。あとは、本当に肩やヒジの故障がない事を願うばかりです。

スポンサードリンク

球速10km/hアップ
保証のピッチング・
スピードアップ!
プログラム
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ