コラム

古田監督の考えた2番バッター
古田監督(ヤクルトスワローズ)

現在、ヤクルトスワローズの2番バッターが誰がご存知ですか?

リグス選手という来日2年目の選手です。助っ人として来日している選手ですから、当然、バントなんてしません。では、なぜリグス選手が2番バッターなのか?この理由を知った時に、私は「やっぱり古田監督ってすごいなぁ・・・」って思いました。

ヤクルトには、青木選手という売り出し中の1番バッターがいます。リグス選手が2番バッターになった事によって、送りバントをする可能性がほぼなくなります。これが、青木選手に対して「遠慮せずにドンドン走れ!」というメッセージだったんです。

守る側からすると、送りバントの可能性がない替わりに、青木選手の盗塁が気になります。そうすると、バッテリーは盗塁を阻止するためにストレートを多投してしまいます。

そう!これが古田監督の本当の狙いだったんです。リグス選手は、1年目もそれほど活躍していませんが、ストレートにめっぽう強いという特徴があり、それを把握していた古田監督は、一見するとアンマッチな2番バッターに彼を据えたんです。

この古田監督の眼力と戦略には、感心しました。

打順一つをとっても、必ず監督の意図があります。テレビや球場で「いつもと違う打順だなぁ」と思った時には、監督の意図を推理してみましょう。これで、野球を見る楽しみが一つ増えましたね。。。

スポンサードリンク

野球素人のお父さん
でも出来る革命的
バッティング指導法
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ