左投げ最強論

左投げという理由だけでピッチャーになった
左ピッチャー

左投げ最強論を展開する前に、まず、私自身の話を聞いてください。

私が本格的に野球チームに所属するようになったのは、小学校4年生からです。

ある休日、私は父親と一緒に、入部する予定の野球チームの練習に見学に行っていました。小さい頃から父親とキャッチボールをしたり、友達と野球したりしていたので、野球チームに入るのは念願でした。

そこで、そのチームの監督さんと父親と私の3人で話をしている時に、ちょうど私の所にボールが転がってきたんです。私自身は特に意識せずに、普通に返球したんですが、その時に監督さんが「キミ、左投げか!よし、じゃあうちのチームに入ったらピッチャーやってもらおう!」と言い出したんです。

そのときは、本気が冗談か良く分からなかったんですが、結局、入部した後はピッチャーになりました。(元々、右投げのピッチャーにいたので、二人で交互に投げるような形でした。)

こんなきっかけで始まったピッチャーというポジションですが、結局、中学校でも高校でもピッチャーとして投げさせてもらいました。私自身は、剛速球を投げるわけでもなく、すごい変化球があるわけでもなかったですが、最初に「ピッチャーしてました!」と言うと、またピッチャーをさせてもらえます。

そう考えると、『私は左投げだったことでピッチャーになれた』、逆に言うと『左投げじゃなかったらピッチャーになれなかった』と思っています。やはり左投げというのは、貴重な存在なんですね。

もし、あなたに息子さんがいて左投げだったら、是非、ピッチャーをやらせてあげて下さい。

もし、あなたの息子さんをピッチャーにしたいなら、左投げの練習をさせてあげて下さい。

私自身の経験からも、ピッチャーを目指すなら左投げが近道だと思いますよ。

スポンサードリンク

球速10km/hアップ
保証のピッチング・
スピードアップ!
プログラム
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ