考える野球−記録編

シーズン記録ランキング

日本野球機構オフィシャルサイトに、シーズン記録ランキングというページがあります。

日本野球機構オフィシャルサイト シーズン記録ランキング

その中の、シーズン投手部門を見てみると、懐かしい名投手の中に交じって、阪神タイガースの藤川球児投手の名前があります。 2005年に達成した、シーズン最多登板記録です。

『ストレートがくると分かっていても打てないストレート』

投手を経験した事がある人なら、そんな球を一度でいいから投げてみたいと思うはずです。 (僕もピッチャーをしていましたが、打たせて取るのが専門でした・・・(笑))

藤川投手(阪神タイガース)

この記録は、とてつもない記録ですが、2位以下を見たときには更に度肝を抜かれます。

そうです。
『神様、仏様、稲尾様』 と呼ばれて、当時、絶大なる信頼を得ていた西鉄ライオンズの稲尾和久投手です。

稲尾さんは78試合に登板し、藤川投手に続く第2位となっていますが、次のページをよーく見てみて下さい。

日本野球機構オフィシャルサイト シーズン記録(登板)

70試合以上登板した人が並んでいますが、その中に稲尾さんの名前が何と4回も登場しています。 そして、更にすごい事は、すべて年の投球回数が370イニングを超えている事です。

ちなみに、今のプロ野球では年間200イニングを越えるピッチャーもほとんどいないのが現状です。 これは、昔と今とではセオリーが違うからです。

<昔>
  ・先発ピッチャーは、完投するのが当然
  ・先発ピッチャーであっても、状況によっては連投なども当然

<今>
  ・先発ピッチャーは7回をメドに責任を果たしてくれれば良い
    (セットアッパー、リリーフエースの確立)
  ・先発ピッチャーは、中5日または中6日という間隔で投げる

どちらがいい悪いを議論する必要はないと思いますが、昔のピッチャーはすごかったんだなぁ、と改めて敬意を表したいを思います。

ちなみに、シーズン投球回数の1位は、なんと541イニングだそうです。
藤川投手(阪神タイガース)の記録を破る投手は、これからも出てくる可能性はありますが、この541イニングという記録は、一生破られる事はないと断言出来ますね。

スポンサードリンク

球速10km/hアップ
保証のピッチング・
スピードアップ!
プログラム
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ