考える野球−ルール編

20秒ルール
ピッチャー

「ピッチャーはキャッチャーから返球を受けて、20秒以内に投球しなければならない」というルールがあります。一応、ランナーがいない場合に限定されていますが、スピーディーに試合を進行していくためには、重要なルールです。

「球審が遅延行為と判断した場合はボールが宣告される」らしいのですが、実際にはそのような場面を見た事がありません。テレビを見ていてイライラするピッチャーも、結構いると思うんですけどね・・・

このルールに関連して思うことは、ピッチャーの投球テンポというのは非常に大切だということです。

代表的な例で言うと、ジャイアンツの上原投手です。調子が良い時の彼の投球間隔は、異常なほど短いです。

投球間隔が短いという事は、その分、バッターに考える時間を与えないという利点があります。野球経験のある人ならお分かりだと思いますが、ポンポン投げられると本当に打ちづらいんです。

阪神タイガースの安藤投手も、先発に転向してフォーム改造を行った際に、投球間隔を短くして成功しました。

実は、私は投球間隔のなが〜いピッチャーだったんです。(汗)
なので偉そうなことは言えないのですが、投球間隔を短くするという行為は、すべてのピッチャーが心がけて欲しいことです。

スポンサードリンク

球速10km/hアップ
保証のピッチング・
スピードアップ!
プログラム
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ