考える野球−セオリー

2ストライクの後に、外角に1球外す
ピッチャー

プロ野球を見ていると、2ストライクと追い込んだ後に、外角に明らかなボール球を投げる場面があります。これって当たり前のように投げていますが、なんか変だと思いませんか?

人それぞれ考え方があるとは思いますが、私は必要ないと思っています。私もピッチャーをしていたので何回も経験がありますが、あまり気が進みませんでした。。。

私の考えからすると、どうせボール球にするなら、インハイなどのつり球を要求すべきです。そうすれば、次の1球でアウトローのストレートまたはスライダーという対角線に投げるというセオリーが生きてきます。

また、打者の気持ちになって考えてみると、ツーナッシングからは勝負してこないだろうという思いがあるはずです。ですから、この心理の逆をついて、思い切ってど真ん中にストレートを投げると、見逃し三振が取れたりします。ただ、さすがにど真ん中に投げるのは勇気がいりますが・・・

というわけで、私が考える2ストライク後の1球は、
  (1) インハイへのストレート(ボール球)
  (2) アウトローへのストレート(ストライクゾーン)
がおすすめです。

(1)は、次の球を生かすための1球であり、あわよくは空振り三振が取れるという理由です。
(2)は、勝負してこないだろうという打者心理のウラをかく投球であり、見逃し三振を狙った1球です。

これから野球を見る時は、2ストライクからの1球にも注目して下さいね。

スポンサードリンク

球速10km/hアップ
保証のピッチング・
スピードアップ!
プログラム
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ