考える野球−セオリー

カウント2−3で牽制球
2塁ランナー

カウントが2ストライク3ボールになると、ランナーが一斉にスタートします。これは、ボール球なら見逃してフォアボール、ストライクならゴロを転がせばランナーが進塁できるという理由からです。

守っている方の立場から考えれば、走ると分かっていてみすみす走らせるのはイヤなものです。牽制球の一つでもしたくなります。

私の考えからすると、この状況で牽制球をするのに有効な方法は、
  (1) 左ピッチャーが1塁に牽制球
  (2) 2塁に逆周りでの牽制球(左右共通)
がおすすめです。

ランナー心理からすると、当然走る事が相手に予想されているわけですから、牽制球がある事は予想しているはずです。ですから、通常の牽制球に引っかかる事はあまりないでしょう。

しかし、もしバッターが三振してしまったら、単独スチールと同じになってしまうので、早くスタートを切りたいという気持ちも持ちあわせています。この心理が、ピッチャーが足を上げた瞬間にスタートしてしまうというミスを犯してしまう原因です。特に、足に自身がないランナーの場合に有効です。

プロ野球では、さすがに引っかかる事はめったにないですが、草野球や少年野球では案外使えるセオリーですよ。

スポンサードリンク

球速10km/hアップ
保証のピッチング・
スピードアップ!
プログラム
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ