考える野球−セオリー

3塁手に取らせる送りバント
ランナー

ランナー2塁、またはランナー1、2塁の場面で、送りバントのサインが出ました。
この時、バッターはサード方向へ少し強めに転がし、3塁手に取らせるようなバントをするのがセオリーです。

理屈は簡単です。

3塁手が取るという事は、3塁ベースに誰もいなくなるという事ですから、3塁手が取った時点で送りバントが成功したことになります。

しかし、守っている方もこのセオリーを知っているわけですから、何とか阻止しようとします。
具体的に言うと、ピッチャーは投げた後、3塁線方向にダッシュします。
そして、3塁方向に転がる打球を自分で処理して、3塁でアウトにするという狙いです。

もし、バッターの技量が高ければ、このピッチャーが3塁線方向にダッシュするというセオリーの逆を突く事も可能です。
ピッチャーが3塁方向に動こうとしているなら、マウンド(センター)方向に転がしてやれば良いのです。
うまく行けば、自分自身もセーフになります。

この逆の逆を突くという作戦は、相手投手が左ピッチャーの場合、特に有効です。
左ピッチャーは、グローブを右手に着けているので、3塁線に動いた後だと逆ハンドになってしまうんですね。

このように、攻める側と守る側の間には、セオリーに基づいた駆け引きが常に行われています。
そういう駆け引きが分かるようになると、野球を見る楽しさが何倍にも膨らむはずですよ。

スポンサードリンク

野球素人のお父さん
でも出来る革命的
バッティング指導法
Menu
HOME
プロフィール
コラム
考える野球−セオリー
考える野球−ルール
考える野球−記録
左投げ最強論
左打ち最強論
野球関連リンク集
スポーツ関連リンク集
お役立ちリンク集1
お役立ちリンク集2
お役立ちリンク集3
サイトについて
リンクについて
サイトマップ